決済方法

FXには、デイトレードという1日の内に決済までしてしまう方法や、スイングトレードという1日以上建て玉をそのままにして、数日後に決済する方法があります。

FXの場合、スイングトレードはお勧めできません。なぜかというと、FXは1日であろうとも建て玉を放置してしまうと、大損してしまう可能性があるからです。逆に大きな利益を生むことがありますが、大損してしまっては取り返しがつきません。FXでは、出来ればその日の内の取引、デイトレードで取引をしましょう。

FXで両建ては実際に有効な戦略なのか?

FXには様々な戦略が存在していて、それらをひとつずつマスターすることで、よりFXでの勝率を高めていくことが可能です。
利益を出すための戦略も大切ですが、損失を抑える戦略も手に入れることが長期的に戦う上では必須となります。損失さえ抑えられれば、いずれチャンスは巡ってきます。
そんな損失を抑える戦略の中でも今回紹介したいのが「両建て」です。これは比較的に上級者向けの戦略で、本当に有効なのかはトレーダーの中でも意見は分かれています。
それぐらい両建ては難しい戦略なわけですが、今回はメリット・デメリットをそれぞれ考えてみたいと思いますので、参考にしてみてください。

「両建て」の仕組みを簡単に説明すると、同じ通貨ペアで「売り」と「買い」の両方のポジションを持つことです。
そんなことをしても意味がないように思えるかもしれませんが、相場がまったく読めないときにリスクを最小限にするという効果があります。
もちろんリスクを減らすだけではなく、より積極的に動くことによって利益に結びつけることも可能ですが、なかなか難しいかもしれません。
リスクを減らせると言っても外すタイミングが難しいので、FX初心者が両建てに挑戦しても、あまり効果がないどころか損失が拡大してしまう可能性も否定できません。

そもそも両建てをするためには、単純に考えて倍の資金が必要になります。「売り」もしくは「買い」のどちらかではなく、両方のポジションを持つわけですから当然ですね。
しかもFX業者に支払う手数料も倍になるわけですから、両建ては基本的にお金のかかる戦略だというのは否定できません。それだけのメリットがあるのかが問題になります。
当然ながら両建てを利用するのであれば、両方のスワップが発生するわけですから、スワップポイントで利益を出すこともできなくなります。

両建てはうまく活用すればメリットがあるのは確かなのですが、デメリットもかなりあるというのが結論です。
FXにかなり慣れているトレーダーならうまく活用できるかもしれませんが、FX初心者は安易に手を出さない方が賢明だと思います。
もし両建て戦略を使うのであれば、現在のポジションをきちんと把握しておくことが重要になります。そして何より、今後の相場がどうなるのかが読めなければ両建ての意味がありません。
普通の取引の倍の取引をすることになりますので、状況を把握するのも難しくなります。やはりある程度はFXに慣れてから利用した方がいいでしょう。
FX業者でもあまり両建てを推奨していないのか、両建てを利用できない業者もありますので事前によく確認をしてください。
積極的に両建てを利用したいのであれば、国内に限らず海外の業者も含めて両建てが利用しやすいFX業者を探すことも大切になります。