決済方法

FXには、デイトレードという1日の内に決済までしてしまう方法や、スイングトレードという1日以上建て玉をそのままにして、数日後に決済する方法があります。

FXの場合、スイングトレードはお勧めできません。なぜかというと、FXは1日であろうとも建て玉を放置してしまうと、大損してしまう可能性があるからです。逆に大きな利益を生むことがありますが、大損してしまっては取り返しがつきません。FXでは、出来ればその日の内の取引、デイトレードで取引をしましょう。

為替レートが変動する要因について

FXは、外国為替を取引して利益を狙う投資法です。購入した通貨を高く売る、あるいは売却した通貨を安く買い戻す、といった手法で稼ぐことが出来ます。

言い換えれば、FXや24オプションなどで効率的に稼ぐためには為替レートの変動の流れを的確に読む「予測力」が非常に重要という事でもあります。いつ頃レートが安くなるのか、いつ頃レートが値上がりするのか、そのタイミングさえ分かれば一気に莫大な利益を獲得することが可能となります。

そのためにも、FX初心者はまず為替レートが変動する要因について勉強し、その原理をしっかり理解しておくことが大切です。

oiuewr 各市場の為替レートが変動するのは、商品の価格が変動する理屈と基本的には同じです。例えば、オークションサイトに出品されている貴重なCDアルバムに入札が殺到すると、どんどん価格が上昇していきます。しかし同じような商品が大量に出品されている場合、なかなか入札が入らないので価格が上がりません。買ってもらうためには、出品者は価格を下げざるを得なくなります。

このように、消費者の需要が増えると価格は上昇し、逆に供給が増えすぎると価格は下落していきます。この需要と供給のバランスが市場価格を決定する要因となります。

通貨の場合、「資本投資」と「貿易決済」がレートを動かす最たる要因となります。例えば日本の景気が良くなると、海外の投資家が日本の株式や不動産に積極的に投資しようとします。その時ドルやユーロが円に換金されるため、日本円の需要が高まり、円の価値が上昇するわけです。

同様に、輸出量が増えると外貨の換金率が上昇して円の価値が上昇し、輸入量が増えると円の価値が下落する現象が発生します。

従って、為替レートの変動は各国の政府が発表するGDPや景況指数といった経済情報に大きく依存することになります。事実、これらの情報が公開される時期になると、市場のレートが急激に変動します。その国の経済状態が良好であると判断されれば一気に値上がりしますし、不況だと判断されれば暴落することもあります。

この値動きはトレーダーにとって絶好のトレードチャンスです。うまく便乗して先行投資しておけば、短期間に莫大な利益を狙うことも夢ではありません。FXで勝率の高い投資を実践したいのであれば、日頃から様々な経済情報に目を通して神経を研ぎ澄ましておくことが大切です。運に頼ることなく、確実に利益を掴み取ることが出来ます。