決済方法

FXには、デイトレードという1日の内に決済までしてしまう方法や、スイングトレードという1日以上建て玉をそのままにして、数日後に決済する方法があります。

FXの場合、スイングトレードはお勧めできません。なぜかというと、FXは1日であろうとも建て玉を放置してしまうと、大損してしまう可能性があるからです。逆に大きな利益を生むことがありますが、大損してしまっては取り返しがつきません。FXでは、出来ればその日の内の取引、デイトレードで取引をしましょう。

海外の証券会社を通じてFX取引を行う利点

比較的少ない資金を効率的に運用する方法の一つであるFX(外国為替証拠金取引)。日本国内だけでもかなり多くの証券会社が取り扱いを行っています。しかし、一部の人々は海外の証券会社で口座を開設し、国外でのFX取引をしています。もちろん、日本国内であっても取引されている通貨ペアは海外のものとほとんど変わりません。

では、なぜあえて海外の証券会社を通じてFX取引を行うのでしょうか。

その最大の理由は、レバレッジ倍率の面でメリットがあるからです。具体的には、海外の証券会社を使うことで、日本国内では考えられないほどの高倍率のレバレッジ倍率で取引を行うことができるのです。

oui
XEマーケットは、本拠地を構えるキプロスの証券取引委員会(CySEC)の認可を受けているのを始めとして、英国FCA(旧FSA)、ドイツ、スペイン、オランダ、スウェーデン、フィンランドの証券取引委員会に登録されています。そしてEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されており、顧客資産の信託保全に加え、会社が支払不能になった時に適用される投資家保護基金にも加入しています。

この投資家保護基金では、最大で20,000ユーロまで補償されます。業者の信頼性と安心感は、トップクラスと言えます。リクオートなしで約定拒否もなく、最大888倍の高レバレッジで取引ができ、入出金の方法も多彩で対応も迅速です。高水準の信頼性とサービスが揃っているのがXEマーケットです。
oiu
海外FXの業者の中でも、早くから日本向けのサービスを提供してきたのが「アイフォレックス (iFOREX)」です。そして近年になって、さらに日本向けのサービスを充実させています。日本人スタッフを多く採用して、チャットやメールからの日本語サポートは当然の事、リクエストフォームによる電話サポートも用意しています。これらのサポートによって、FX投資の初心者やパソコンでの取引操作に不安を持つ人でも、安心してFXトレードを行えます。専門家によるリアルタイムのアドバイスを受けながらの売買注文というのも可能になっています。

そしてアイフォレックスに適しているのは、初心者のトレーダーだけではありません。アイフォレックスが用意するダウンロード型の取引プラットフォームは、ベテラントレーダーでも満足できるスペックを備えています。61種類もの通貨ペアを用意し、最大で400倍のレバレッジで、手数料無料の取引が可能です。豊富に取り揃えられた通貨ペアの中には、シンガポール・ドルやイスラエル・シュケル、そしてメキシコ・ペソといった他の業者では見られない通貨もあります。
oueqew
Pepperstoneは、世界で最もスプレッドが低い日本のブローカーを凌ぐ、低いスプレッド水準を提供しています。会社自体が日本でNo.1の低スプレッドをうたい文句にしているのは誇張表現ではありません。

スタンダード講座:USD/JPY (1.0~1.7pips)、EUR/USD (0.5~1.8pips)、GBP/USD (1.0~2.2pips)

RAZOR講座:USD/JPY (0.1~1.2 pip)、EUR/USD (0.1~1.0 pip)、GBP/USD (0.1~1.1 pip)

海外では円絡みのペアであるドル円のスプレッドは比較的広く1pipsを超える所も多いのですが、1.0pipsを割り込む水準なのは非常に珍しく、Forex業界において最も狭い水準のスプレッドです。また、Pepperstoneのスプレッドの特徴として、スプレッドの幅が非常に安定していることが挙げられます。変動スプレッドであるにも関わらず、市場取引が少なく流動性が低い時間帯や重要経済指数の発表時であっても、スプレッドの幅が非常に安定しています。
oiunk
バイナリーオプション取引(ハイロー取引業者)を始めとして、株やFX、そして通常のオンラインバンクでも、多くの人が心配になるのがその安全性でしょう。氏名や住所、年齢、電話番号、そしてクレジットカード番号などの金融情報をすべて教えてしまうのですから、心配するなという方が無理だという話です。

しかし24optionでのオンライン取引では、その心配は最小限であると言って良いでしょう。24optionに登録された個人情報は、公開されているガイドラインに則り、厳重に管理されています。またオンライン上でのセキュリティも、専門家によって設計された強固な安全対策が施されているうえに、常に最新の状態で保たれています。また万が一の事態となっても、迅速に対処する体制を整えていることから、セキュリティに対する心配は最小限であると言えます。



かつては日本でも高倍率での取引が可能でした。しかし、2010年以降、2回にわたって行われた法改正によって、現在では最大25倍までのレバレッジ倍率しか認められていません。これは、最低でも最大投資金額の4%の資金を維持しておかなければならないということを意味しています。このようなレバレッジ規制が行われた背景には、過度の投機的取引や一般の投資家保護などの理由がありますが、そのせいでFXの最大の魅力である、一発逆転的なハイリスク・ハイリターンの取引がしづらくなっているのも事実です。

このレバレッジ規制は日本独自のものですので、海外の証券会社では超高倍率のレバレッジをかけて取引できます。具体的には、なんと最大で1000倍もの倍率で取引できる証券会社も存在します。この例は非常に特別な例ですが、100倍から500倍程度であれば極普通に存在しています。

このような高倍率で取引することで、少ない資金をあっという間に増やすことが可能です。例えば、10万円の資金があるときに、レバレッジ倍率500倍の取引を行えば、5000万円分の通貨を買うことができるのです。

もちろん、高倍率であるからにはリスクも非常に大きくなっているため、注意が必要ですし、海外ならではのリスクも数多く存在します。例えば、言語の問題はすぐに思いつくもので、国内同様のサポートはまず期待できません。また、それ以外にも損失の補填や利益の入金などが基本的にクレジットカードを通じて行われるという点もあまり知られていないポイントです。クレジットカード決済が普及している海外ならではの点ですね。

他にも、海外ならではの考慮するべき点が多くあり、メリット・デメリットが日本国内での取引とは大きく異なりますので、口座開設の前によく確認しておくことが必要です。

トレンドの投資は、トレンドとされているものに投資を行って、利益を更に伸ばすことが出来る方法です。

現時点でこれが伸びているとされているものに投資を行い、そのまま伸びてくれれば一定の段階で取引を停止して、投資した分と利益を確定させることが出来ます。この方法を採用することによって、確実に伸びが期待できることもありますし、しっかりと稼ぎを増やすことが出来るなどメリットを多く持っていますが、もしトレンドが崩れてしまうと一気に厳しい状況になります。

まずは現在のトレンドとされているものを知らないと駄目です。何がこれから発生することになるのか、そして取引されているものの情報などをチェックして、問題がないことを確認してから投資を行います。トレンドが崩れそうなものは既に避けるようにして、これから確実に伸びることが期待できるもの、そして失敗しないようなものを選びます。投資する先によっては、この伸びが小さいとされていて、場合によってはミスをすることもあります。

トレンドについては、上昇するものでも構いませんし、下降しているものでも利用して問題ありませんが、横ばいになっているものは避けてください。これは横ばいになっていることが、利益を生まない状態になっているからです。利益がほしいからこそ利用しているのに、その方法を使うことが出来ない問題に直面しており、基本的に全く稼げないどころか、無駄な時間を過ごしているだけになります。横ばいトレンドは避けるようにしてください。

そして決めた商品がその状態になってくれるかどうか、しっかりと見極めることが重要になります。ただ伸びてくるかもしれないとか、これから期待できると書かれても、実際に伸びるかどうかはかなり微妙なところで、状況が好転してこないものもあります。ネット上で調べている情報については、正しいかどうかの葉んだんをしつつ、どこかで見極めて終了することも考えないと駄目です。放置していることで、逆のトレンドが発生すると厳しくなります。

結構利益を生み出しやすい方法として知られ、成功する可能性も大いに持たせてくれることはいいのですが、大失敗の可能性もありえるので、ネット上の調査がかなり大事です。そして専門家が話をしていることはいいのかもしれませんが、場合によってはそれすら間違っているようなイメージになる可能性もありますので、本当に正しいかどうかを自分で知ることがトレンドに求められます。